ブログ

Blog

[ヒヤッとした]  不安をあおるつもりはないですが、 “手すり”が無いその意味は。

2015/06/11

建物を建てる際、新築物件では階段や廊下に手すりを設置します。

普段、歩いてる時、階段を上り下りする際に”手すり”に手を摺らせながら移動すると非常に安全です。

私は階段を通る時は必ず、手すりの近くを通り、手を摺らせるながら移動します。もしもの時に手すりを掴む為です。

つまづいたり、こけた時、”手すり”があれば未然に防げるケースは多いと思います。

“手すり”がない階段や廊下、”手すり”があっても利用しない習慣。

「もしもの時に、重大な怪我につながる」

同じです、手すりは階段のシートベルト。

それくらい大事な設備です。

オススメ記事

学校の壊れた手すりを直します。

[写真掲載] 階段補助手すり交換しました。